スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKYRIM:姐さん姉妹放浪記 第5回

SKYRIM姉さん姉妹放浪記
まあなんせ「Elder Scroll V : SKYRIM(以下、スカイリム)」に心も私生活を奪われそうな勢いでプレイ中。このゲームはもはや完全にセカンドライフと言っても過言ではないであります。
というわけで、そのスカイリムでのプレイ日記を使用キャラ視点でお送りしていく放浪記。
悪く言えば単なるネタバレになってしまうので、個人的に楽しんでいる方にはあまりオススメできません。
逆に「スカイリムってなんやねん!」とか「偉い凄い凄いと聞くけど、どんだけのもんなん?」と触れたいけど興味はあるって方々にはこれが購入の機会になってくれれば光栄ですね。いいぞもっとやれ!ってね。

【設定背景】
プレイヤーは子どもの頃からちょこまかとした悪さをして、相手が沸騰したヤカンみたいに怒るのを見るのが大好きなイタズラっ子。その様は男顔負けのはしゃぎっぷり。
そんな父が帝国軍に無実の罪を着せられて処刑されしていまい孤児となり放浪の身として成長。
帝国に復讐を誓いながら生活を送る中、今回のスカイリムの惨事に巻き込まれて云々・・・とまあこんな感じでいいでしょう。
主人公キャラはそういうワケで褐色片目義眼の女ウッドエルフです。
途中ホワイトランで出会うジェナッサさんは義理でもなんでも良いので姐さん仲間。本ブログでは主人公視点から『嫁』と呼んでいます。ちなみに嫁はプレイヤーのことを「セラ」と呼んでいる。

盗賊ギルドへの進もうとしながらも、吟遊詩人の夢を捨てきれない彼女の放浪記。果たしてその結末とは!
ちなみに出来るだけ親近感を出すために、プレイスタイルとしてファストトラベル(マップ高速移動)は殆どしようしておりません。
では、いつまで続くかはしらんですが、長いおつきあいよろしくお願いします。

※ネタバレを含みますので、構わない方は下の「>>続きを読む」をクリックしてください。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
Xbox 360

商品詳細を見る

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る

>>続きを読む

スポンサーサイト

Phantasy Star Online 2:今、RPGに冒険はあるか?

えっつと、2012年発売予定の『Phantasy Star Online 2(以下、PSO2)』のアルファ2テスト参加募集に受かりましたので、先日から空いた時間で参加中であります。
もちろん、MacBook Proで!
まあ『Phantasy Star Online(以下、PSO)』と言えば、懐かしきXbox Live開始時のボイスチャット版で初めてその存在を知りましてこんな面白いRPGがあったのか!と三日三晩寝ずにプレイしてた事を思い出します。それだけこれまでのRPGにはない要素がふんだんに盛り込まれており、いや、何もかもが新しい革命的な作品でもありました。
その総プレイ時間は自分ですら3000時間を超えたくらいでしたねぇ。

さて、そんなこんなで『PSO2』はその続編に当たるわけですが、これまでにも様々なシリーズ物が登場してきましたが、結果的にPSOを超える、あるいはPSOとの出会いのような感動にはほど遠いものでした。俗にいう「PSOみたいなゲーム」感が非常に強く、所詮二番煎じというカテゴリーから脱却できないものが続いたわけです。
そんな中、PSOから10年を記念して『新たなる10年を』というコンセプトを敷いて登場したのがこの『PSO2』となります。

正直いって、ボクは『2』といった連番タイトルはよほどの事がない限りは信用していません。何故なら個々最近のこれまで出てきた作品の連番タイトルを見れば一目瞭然ですね。ひどい場合は『XIV』とか...。ここまで来ると一体いつまでやるんだかという呆れすら出てきます。何の事だか分かりませんねぇ~♪
話を戻しますが、今回のこの『PSO2』についても不安でした。新しいものならば別タイトルで出せば良かったというのが本心です。だってこれまでのシリーズものの結果を見ると、ボクが本気で愛してプレイした『PSO』という作品に泥を塗ってほしくないからです。本来ファンってものはそういうもんなはずですよね。
ですが今回セガが放つトレイラーを見たところ、そんな悩みが一気に吹っ飛びました。

『今、RPGに冒険はあるか?』
大きく出ましたね。確かにPSOっぽい雰囲気ではありますが、スピード感・壮大さ・要素、どれをとってもなかなかの進化具合が見て取れます。
でもそれだけではいけませんからね。せっかく受かったアルファ2テスト。本当に次の10年を楽しむ事の出来るパイオニアとなるのか?
テスト開始は今月の27日から。あの時の...いや、あの時以上の感動をボクは待っている。

だが一つだけ腑に落ちないのは、コンシューマ機での革命作品が何故PC作品に?

SKYRIM:姐さん姉妹放浪記 第4回

SKYRIM姉さん姉妹放浪記
まあなんせ「Elder Scroll V : SKYRIM(以下、スカイリム)」に心も私生活を奪われそうな勢いでプレイ中。このゲームはもはや完全にセカンドライフと言っても過言ではないであります。
というわけで、そのスカイリムでのプレイ日記を使用キャラ視点でお送りしていく放浪記。
悪く言えば単なるネタバレになってしまうので、個人的に楽しんでいる方にはあまりオススメできません。
逆に「スカイリムってなんやねん!」とか「偉い凄い凄いと聞くけど、どんだけのもんなん?」と触れたいけど興味はあるって方々にはこれが購入の機会になってくれれば光栄ですね。いいぞもっとやれ!ってね。

【設定背景】
プレイヤーは子どもの頃からちょこまかとした悪さをして、相手が沸騰したヤカンみたいに怒るのを見るのが大好きなイタズラっ子。その様は男顔負けのはしゃぎっぷり。
そんな父が帝国軍に無実の罪を着せられて処刑されしていまい孤児となり放浪の身として成長。
帝国に復讐を誓いながら生活を送る中、今回のスカイリムの惨事に巻き込まれて云々・・・とまあこんな感じでいいでしょう。
主人公キャラはそういうワケで褐色片目義眼の女ウッドエルフです。
途中ホワイトランで出会うジェナッサさんは義理でもなんでも良いので姐さん仲間。本ブログでは主人公視点から『嫁』と呼んでいます。ちなみに嫁はプレイヤーのことを「セラ」と呼んでいる。

盗賊ギルドへの進もうとしながらも、吟遊詩人の夢を捨てきれない彼女の放浪記。果たしてその結末とは!
ちなみに出来るだけ親近感を出すために、プレイスタイルとしてファストトラベル(マップ高速移動)は殆どしようしておりません。
では、いつまで続くかはしらんですが、長いおつきあいよろしくお願いします。

※ネタバレを含みますので、構わない方は下の「>>続きを読む」をクリックしてください。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
Xbox 360

商品詳細を見る

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る

>>続きを読む

SKYRIM:姐さん姉妹放浪記 第3回

SKYRIM姉さん姉妹放浪記
まあなんせ「Elder Scroll V : SKYRIM(以下、スカイリム)」に心も私生活を奪われそうな勢いでプレイ中。このゲームはもはや完全にセカンドライフと言っても過言ではないであります。
というわけで、そのスカイリムでのプレイ日記を使用キャラ視点でお送りしていく放浪記。
悪く言えば単なるネタバレになってしまうので、個人的に楽しんでいる方にはあまりオススメできません。
逆に「スカイリムってなんやねん!」とか「偉い凄い凄いと聞くけど、どんだけのもんなん?」と触れたいけど興味はあるって方々にはこれが購入の機会になってくれれば光栄ですね。いいぞもっとやれ!ってね。

【設定背景】
プレイヤーは子どもの頃からちょこまかとした悪さがをして、相手が沸騰したヤカンみたいに怒るのを見るのが大好きなイタズラっ子。その様は男顔負けのはしゃぎっぷり。
そんな父が帝国軍に無実の罪を着せられて処刑されしていまい孤児となり放浪の身として成長。
帝国に復讐を誓いながら生活を送る中、今回のスカイリムの惨事に巻き込まれて云々・・・とまあこんな感じでいいでしょう。
主人公キャラはそういうワケで褐色片目義眼の女ウッドエルフです。
途中ホワイトランで出会うジェナッサさんは義理でもなんでも良いので姐さん仲間。本ブログでは主人公視点から『嫁』と呼んでいます。

盗賊ギルドへの進もうとしながらも、吟遊詩人の夢を捨てきれない彼女の放浪記。果たしてその結末とは!
ちなみに出来るだけ親近感を出すために、プレイスタイルとしてファストトラベル(マップ高速移動)は殆どしようしておりません。
では、いつまで続くかはしらんですが、長いおつきあいよろしくお願いします。

※ネタバレを含みますので、構わない方は下の「>>続きを読む」をクリックしてください。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
Xbox 360

商品詳細を見る

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る

>>続きを読む

SKYRIM:姐さん姉妹放浪記 第2回

SKYRIM姉さん姉妹放浪記
まあなんせ「Elder Scroll V : SKYRIM(以下、スカイリム)」に心も私生活を奪われそうな勢いでプレイ中。このゲームはもはや完全にセカンドライフと言っても過言ではないであります。
というわけで、そのスカイリムでのプレイ日記を使用キャラ視点でお送りしていく放浪記。
悪く言えば単なるネタバレになってしまうので、個人的に楽しんでいる方にはあまりオススメできません。
逆に「スカイリムってなんやねん!」とか「偉い凄い凄いと聞くけど、どんだけのもんなん?」と触れたいけど興味はあるって方々にはこれが購入の機会になってくれれば光栄ですね。いいぞもっとやれ!ってね。

【設定背景】
プレイヤーは子どもの頃からちょこまかとした悪さがをして、相手が沸騰したヤカンみたいに怒るのを見るのが大好きなイタズラっ子。その様は男顔負けのはしゃぎっぷり。
そんな父が帝国軍に無実の罪を着せられて処刑されしていまい孤児となり放浪の身として成長。
帝国に復讐を誓いながら生活を送る中、今回のスカイリムの惨事に巻き込まれて云々・・・とまあこんな感じでいいでしょう。
主人公キャラはそういうワケで褐色片目義眼の女ウッドエルフです。
途中ホワイトランで出会うジェナッサさんは義理でもなんでも良いので姐さん仲間。本ブログでは主人公視点から『嫁』と呼んでいます。

盗賊ギルドへの進もうとしながらも、吟遊詩人の夢を捨てきれない彼女の放浪記。果たしてその結末とは!
ちなみに出来るだけ親近感を出すために、プレイスタイルとしてファストトラベル(マップ高速移動)は殆どしようしておりません。
では、いつまで続くかはしらんですが、長いおつきあいよろしくお願いします。

※ネタバレを含みますので、構わない方は下の「>>続きを読む」をクリックしてください。

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
Xbox 360

商品詳細を見る

The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る

>>続きを読む

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。